ホームページの運用代行

中小企業がホームページで失敗する7つの理由。1)ホームページのコスト削減を重視し過ぎた。2)デザインにばかり手間をかけてしまった。3)Web集客やSEOの仕組みを学ぼうとしない。4)業者やWeb担当者の言葉を鵜呑みにした。5)掲載している情報量が少ない。6)ユーザー(見込み顧客)目線に立っていない。7)社長や上司が口出しばかりする。2019年に発表された「中小企業白書」によれば、中小企業の87.2%が自社のホームページを開設していることがわかりました。 すでに世の中のほとんどの企業がホームページを開設していることになります。 ところが、2014年の同白書には、気になるデータが掲載されています。 自社ホームページを開設したことで販売先数が「大幅に増加した」と回答した企業はわずか3.7%、「やや減少した」「大幅に減少した」という回答も10.8%にも上っていました。 つまり9割の企業がホームページ作りに失敗しているのです。 はたして多くの企業はホームページ運用のどこでつまづいていてしまったのでしょうか? では、その理由を1つひとつ見ていきましょう。

ホームページの運用代行の空のポケット(文泉堂)です。浄水ポットカートリッジ プリタ マクストラプラスカートリッジ 2個入を販売しております。 カートリッジ交換の目安は約2ヵ月 材質:ポリプロピレン、ポリエチレンテレフタレート 日本向け仕様 お渡しはご予約を頂いて約3営業日後。 店頭にて販売をしております。

事務機屋を営んでおります空のポケットです。 2019年10月1日から始まる軽減税率。 軽減税率対応レジスターが用意できなかったお店もこの動画を見れば大丈夫です。 軽減税率対応レジスターとは複数税率に対応したレジスターのことを言います。 1台のレジスターで10%と8%両方の計算ができます。 食べ物、飲み物を取り扱わないお店には不要のレジスターです。 詳細は国税局のホームページで確認をお願いします。 食料品と食料品以外の両方を取り扱っているお店では必要になりそうです。 なりそうとは後で説明します。 飲食店は基本税率10%なのですがお持ち帰りは8%なのです。 もしもテイクアウトがあれば対応レジスターが必要になりそうです。 なりそうとは全ての会計をレジスターに打ち込んでいらっしゃるお店では複数税率に対応した軽減税率対応レジスターが必要になります。 実際には一部の会計をレジスターに打ち込まないお店もあります。 例えばケーキ屋さん。 ほとんどの取り扱いが税率8%のケーキやお菓子です。 10%といえば特別にもらう箱代だけでした。 箱代は別に計算して、別に手書きの領収書を切ればことが足ります。

島根県松江市のホームページの運用代行 空のポケットです。Twitterに投稿するだけで、ウェブサイトにお店のカタログができる仕組みをご紹介します。 ケーキ屋さん、チョコレート屋さん、パン屋さんにお薦めです。

ホームページの運用代行「空のポケット」です。 本日は「ビジネスにつなげるホームページの基本」をテーマに「自動車販売店・自動車修理工場の活用事例」をご紹介します。 契約者様の役割、私の役割を契約者様へ説明している動画も兼ねていますので、 トレーナー口調で喋っています。 ご了承ください。 では早速、事例紹介に入ります。 ホームページは事業案内とブログの2つに分かれています。 事業案内には会社概要、サービスメニュー、キャンペーンメニュー、利用規約、プライバシーポリシー、問い合わせを掲載しています。 事業案内は主に私の担当です。 ブログには「中古車の情報、修理実績」を掲載します ブログへ投稿する役割はご担当者様にお願いします 中古車情報を投稿する担当者、修理実績を投稿する担当者に分けて、できるだけ複数の担当者で行ってください。 お持ちのスマートフォンを使用して「写真と文字」で情報を投稿してください。 私ども空のポケットは投稿された「情報のチェック、必要事項の追加、 SEO 対策、事業案内への掲載」必要があればバナーを作って、広告をいたします。 目標を早く達成したければ広告配信はお勧めです。

概要はインセンティブとストレスの話になります 人は何かをもらう時に得る喜びよりもその何かを失う時に貰う何倍もストレスを感じます 買い物をしてもらったポイントの有効期限が明日で切れることを知ると損をしたくないという気持ちが働いてしまいお店で何か買うつもりはないかと考えた経験はありませんか Yahoo ショッピングなどの大手ショッピングモールイオンなど大手スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアはこの顧客の心理を巧みに利用して売上を伸ばしています ヤフーショッピングを例に紹介すると条件によっては買い物をした1割以上のポイントすなわちインセンティブがもらえます 同じ商品同じ価格ならよりインセンティブが高いところで買いますよね このインセンティブが曲者なんです 大半のポイントが有効期限1ヶ月間なんです そう有効期限の魔力が1日1日と迫ってくるんですよね この魔力から逃れたいとまた買い物をしてまたインセンティブをもらうスパイラルへ入り込んじゃうんです 売り手にとってはお得意先様の誕生です

ホームページを運用している方は、日頃からホームページをアクセス解析して、昨日は何人からのアクセスがあって、どの商品やサービスにどの程度関心が持たれたのか、何件の問い合わせがあり、何件の注文があったのかをチェックし、日々資料にまとめていらっしゃると思います。 でも、もっと顧客を増やすことはできないか、売上を増やすことはできないか、もっと効率の良い業務にできないかとお考えだと思います。 その課題を解決してくれるひとつの手法がマーケティングオートメーションになります。 簡単に超短時間にご紹介していますと、 御社のホームページにアクセスしてきた例えば A さんのサイト内の行動履歴と、御社が持っている A さんの顧客情報、例えば名前・メールアドレス・住所・電話番号・このサイト内行動履歴・資料を送った履歴・購買履歴から A さんの行動に合わせた政策を実行すること。 これをマーケティングオートメーションと言います。

事業紹介の動画ができました。 1分30秒の短い動画です。 見てやってください。 動画(ホームページの運用代行) 感想を返信してもらえると助かります。

自社サイトを所有しているあなたは、日頃からSEOを改善していらっしゃいますか? Google Search Console を日頃から確認してSEOを改善していらっしゃいますか? 「サイト制作会社に管理費用を払って任せているから大丈夫だよ」と言われる方が大半だと思います。 私も管理を受託しているお客様サイトのGSCを定期的に確認してSEO(検索エンジン最適化)を改善しています。 「最近、自社サイトからの注文や、問合せが減ったな」と思われる方はココに改善が必要になっているかも知れません。

Google タグマネージャーを使用して、ウェブサイトの内部クリックを計測できるように、お客様のサイトを更新しました。 内部クリックとはクリックしたリンク先が同じサイト内の場合を指します。 お客様は今後、 自社サイト内を移動する訪問者の足跡を、訪問者毎に確認できるようになります。 勉強させてもらいました。 #グーグル #TagMagmanager

さらに表示する