動画サイトの運用サポート

今回は PowerDirector 18のパンとズーム機能を使って写真に動きをつける方法を説明していきます。 写真を趣味にしている方は撮りためた写真を使って動画を作成し YouTube で世界中の人に公開してみませんか? 地元のお店や観光地を世界中にアピールしてみませんか? 動画編集教室をやっておりますので是非一緒に楽しみましょう。 早速手順を説明していきます。 写真素材をライブラリへコピーします次に背景になるウォール画像をタイムラインへ移動します。 後は次々に写真をタイムラインへ移動、縮小して好きな位置に移動します。 移動し終わったらPIP デザイナーを使って写真に影をつけてみましょう。 PIP デザイナーを起動してシャドーにチェックを入れます。 距離・ぼかし・不透明度・色・角度を調整して影をつけていきます 写真と背景の間に距離感ができたと思います。 次にパン&ズームを使って写真に動きを付けていきます。 ツール、パン&ズームを選択して写真に好きな動きを付けていきます。 動きはデザイナーを使って微調整することができるんですが、今

この動画ではパワーディレクター18のマジックムービーウィザードの使い方を説明しています。 ご覧いただきました動画の編集方法を説明していきます まず初めにパワーディレクター18をフルモードで立ち上げます。 あらかじめ用意した素材をライブラリーへコピーします。 コピーしたら次は素材をタイムラインへ移動します。 順番は後からでも変更できますので今は適当に全て移動しておいてください。 移動し終わったらツールからマジックムービーウィザードを起動します。 そしてタイムラインスタイルの一覧から良さそうなスタイルを選択します。 今回は Media WALLET を使っています。 設定を押して動画を入れる BGM を追加します。 先ほど聞いていただいた BGM を追加してみます。 動画の所要時間を設定して OK を押します。 そして次にこのスタイルでは開始タイトルと終了タイトルを求めているので二つのタイトルを入力します。 入力したらプレビューしてみましょう。 プレビューした内容でよければ次へを押します。 動画の利用方法をここで選択します。 今回は動画出力を選択。

初心者向け動画編集マンツーマン集中講座は、個人レッスンですので、お気軽にお問い合わせください。 ・動画を編集するために必要な基本的な使い方を、動画編集ソフト(CyberLink PowerDirector)を実際に操作しながら進めていただくワークショップ形式の講座となります。 ・4時間で動画編集に必要な知識・操作法、コツを一気にお伝えします。 レッスンにご使用頂くパソコン、動画編集ソフトウェアはこちらでご用意しています。 レッスン後はお一人で編集できるようにしっかりレクチャーいたします。 よろしくお願いします。 動画編集ソフトの基礎的な使い方) ・編集前のフォルダの整理 ・動画素材の取込み方法 ・音楽(BGM)の入れ方と調整方法 ・タイトル、テロップの入れ方 ・ビデオエフェクト ・場面切替時のトランジション ・カラー補正 ・書き出し ・Youtubeへアップロード ・SNS(Twitter、Instagram、Facebook)へアップロード ・DVDへ書き込み